強い身体作りには乳酸菌

免疫力が大切な理由

安心安全

免疫力を持つのは、免疫細胞です。毎日生活している中で、外部からいろいろな悪いものが侵入してきます。悪いものが入ってくると、免疫細胞はそれらをやっつけようとして体内で働いてくれます。しっかりとやっつけることができれば、症状が出ることはないでしょう。でも、免疫細胞が弱っていて機能しない状態だと、外部から入ってきた悪いものをやっつけきれずに症状が出てしまいます。

 

免疫力を高めておくということは、免疫細胞が正常に働ける状態にしておく、ということです。免疫力が弱っている状態では不調を感じやすくなってしまうので、いかに免疫力を高められるか、が健康を維持するためには重要です。

 

年齢による免疫力の変化

 

歳を重ねると免疫力が低下することがわかっています。20代までは上昇するのですが、その後は徐々に下降していくのです。年齢を重ねるたびに不調を感じやすくなったり、病気になりやすくなるのは免疫力の低下も関係しているでしょう。

 

低下していく免疫力を高める努力をすることで、歳を重ねても元気に過ごせるようになるはずです。

 

免疫細胞は腸にある?

 

免疫細胞は体内のあらゆるところにあるのですが、実はその多くが腸に存在しています。免疫細胞の7割ほどというので、大半が腸に存在している、といってもいいほどの割合です。そのため、免疫細胞を正常に活動させるためには、腸の状態を整えなくてはいけません。腸の環境が悪いと、免疫細胞も活動しづらくなって弱ってしまいます。

 

乳酸菌で病気から身体を守る

 

免疫力を高めるためにできることといえば、腸内環境を整えることです。必要なものはちゃんと吸収する、そして不要なものはちゃんと排出する、そのリズムが整っていれば健康は維持しやすくなります。いつも元気で活動的な人の腸内はとても美しく、整っている状態です。反対に不調を感じやすい人は、腸に何らかの問題を抱えているといいます。もちろん腸内環境だけが原因ではないかもしれませんが、免疫力が高まっていればあらゆる病気を防げる、ともいわれているのです。

 

腸内環境を整えることができる成分といえば、乳酸菌が有名ですね。乳酸菌で腸内の善玉菌を活発にして、悪さをする悪玉菌を退治していきましょう。乳酸菌の効果を実感するには時間がかかるので1日摂取しただけですぐに腸内環境が改善する、というわけでははありません。毎日適切な量を摂取しつづけて、いい状態を保てるようにしていきたいですね。