人にはどれくらい乳酸菌が必要?

1日にどれぐらいの乳酸菌が必要?

1日あたりどれぐらいの乳酸菌が必要なのかというと、これだけ、という明確な数値では発表されていません。摂取をしてもそれがどれぐらい腸に届くかはその人次第になってしまいますし、一概には言えないからです。では何を目安にすればいいのかというと、推奨量です。推奨量はあくまで目安なので確実とはいえないのですが、これぐらいかな…という量を知っておけば、それを基準にして摂取できるはずです。

 

目安としてほしい量は、少なくて100g、最大では500g程度です。間に開きはありますが、それぐらいの間で自分に必要な量を調節してください。どうしてこれだけ目安量に開きがあるのかというと、その人によってどの程度必要かは変わるからです。

 

100gでもしっかり効果を感じる人もいれば、500g摂取しないとなかなか効果が現れないという人もいます。もちろんそれ以下の人も、それ以上の人もいるでしょう。適切な量はそれぞれ人によって異なるため、ちゃんと自分に必要な量を見極める必要がありますね。

 

いきなりたくさん摂取するよりも、まずは少量から始めて自分にとってちょうどいい量を探してくださいね。

 

摂取する方法で変わる

乳酸菌

乳酸菌はどのように摂取するかによっても、体内で働く量は変わります。食品の場合はダメージを受けてしまう可能性も高いので、目安よりも少し多めを基準にするといいでしょう。ちょっと多めに摂取しといてちょうどいい、という考え方です。摂取方法がサプリメントになると、ちゃんと届くようにと工夫されているものがほとんどなので、少ない量でもちゃんと届いてくれます。あまり無理してたくさん摂取する必要はないでしょう。

 

1日あたり適切な量は明確に決まっているわけではないのですが、まずは自分にとっての適切な量を知ることから始めましょう。ちゃんと自分に必要な乳酸菌の量がわかれば、その量を目安にして継続してくださいね。週末にまとめて摂取ということはできないので、毎日継続が大切です。