辛いアレルギー症状にも乳酸菌

アトピー性皮膚炎について

アレルギー

アトピー性皮膚炎は、皮膚にトラブルが起きるアレルギーです。基本的には子供の頃にひどくなりやすく、痒みや湿疹などが発生します。原因は皮膚のバリア機能が弱まっていることです。皮膚のバリア機能が弱まっていると、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまい、肌が荒れていきます。

 

皮膚の痒みや湿疹などは多くの人が感じたことのある症状だと思いますが、一時的なものであればアトピー性皮膚炎とはいいません。問題となるのは、その状態がずっと続いてしまうことです。痒みは我慢するのも大変ですし、ついつい掻いてしまうとさらに皮膚が荒れて悪化していく…という悪循環です。慢性的になっていくと治りが悪くなり、皮膚にもアトピー性皮膚炎の影響が残ります。

 

花粉症について

 

多くの人が悩まされている花粉症は、現代では問題になっています。今では日本人の4人に1人が花粉症といわれる時代になりました。

 

花粉症はアレルゲンが植物の花粉で、体内に入ってくると必要以上に反応を示してしまい、やっつけようとして防御反応で症状が現れます。特に鼻水や鼻づまりが症状として出やすく、さらには目の痒みや喉の違和感なども症状として現れます。

 

特に春と秋に症状が出やすいのですが、人によってどの植物に反応するかは異なるため、症状が現れる時期が変わります。

 

乳酸菌でアレルギー症状ケア?

 

アレルギー症状のケアには、乳酸菌が最適です。アレルギーは免疫細胞の過剰反応によって起こってしまうので、免疫細胞が正常に働けるようにと腸内環境を整えてくれる乳酸菌を摂取しましょう。免疫細胞が落ち着いてくれると、アレルギー症状の緩和も期待できるjはずです。

 

アレルギーは長く付き合っていかなくてはいけないのですが、少しでも症状を緩和するために、できる限りのことをしたいですよね。乳酸菌もアレルギー対策として、ぜひ摂りいれてみてください。毎日継続することで感じられる変化があるはずです。