乳酸菌で便秘・下痢対策

便秘とは?

便秘

まずは便秘とはどのような状態なのかをご紹介します。便秘の症状は人によって異なります。便秘という自覚症状がある人もいれば、便秘ではないと思っていたけれど、実は便秘だった…という人もいます。便秘はお腹のハリなどから症状が始まり、痛みが出てきたり重くて動けなくなったり…ひどい症状になると日常生活に問題が出てしまいます。

 

通常は3日ぐらいでこのような不調を感じるようになるのですが、中には便秘に慣れてしまって、1週間ぐらい出ていない状態でも平気で過ごしている人もいます。

 

でも症状が出ていないからといって、問題がないというわけではありません。排出するべきものが体内に排出されていかないので、どんどんと老廃物が溜まっていき身体には悪影響です。

 

下痢とは?

 

下痢は、便秘とは逆の症状です。下痢は水分が吸収されないままで便となっていってしまうもので、本来ならちゃんと吸収されるべきなのですが、腸の状態が悪いとちゃんと水分が吸収できないため、下痢になってしまいます。

 

下痢が続く場合は何らかの異常が発生している状態なので、調子のいい便に改善させていかなくてはいけません。

 

腸をいい状態へ

 

便秘や下痢は、腸の状態が悪いときに発生します。一時的なもので自然と改善していくのであれば問題ないですが、長く続くようであれば改善していくために色々考えていかなくてはいけません。最近は過敏性腸症候群といって、ストレスなどで腸が正常に動いていない可能性があります。長く続く不調は放置しておくと、腸だけの問題ではなく身体全体の問題へと繋がってしまうでしょう。

 

腸は人間にとって第二の脳ともいわれていますし、何より腸は人間にとって大切な栄養を吸収するために欠かせない器官です。腸内環境も乱れを整えるために、役立ってくれるのが乳酸菌です。乳酸菌は善玉菌を増やし、さらに悪玉菌を退治してくれる成分です。

 

便秘や下痢という便の異常を感じているときは、そのうち治る…と放置することなく、しっかりと腸内環境を整えるために必要な乳酸菌を摂取しましょう。